2018年01月11日

四十肩を放置すると凍結肩になる


皆さん、おはようございます。

四十肩を放置すると凍結肩になる。と言うのはご存知ですか?

四十肩とは肩内部の関節を覆う膜が固まったり痛んだりする事で症状をだします。
主に【肩が痛い、腕が上がらない】などなど、ひどい肩は夜間痛と言われる寝てても痛い人です。

そんな四十肩ですが、半年もほっとけば、痛みは消えます、消えます

皆さん、治った!と勘違いするパターンです。

四十肩で怖いのは痛みが無くなってから、リハビリをして関節をよく動かさないと❗
【凍結肩】になる事です。

関節が固まって動きがしにくくなります。
これはリハビリをマメにするしかないです。
皆さんも痛みが消えてからもリハビリをしっかりして行きましょう

でなければ、好きなスポーツや趣味に支障をきたしますよ。




Posted by Lifeupウツシらせん  ウツシ手 宮西 at 10:08│コメントをする・見る(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。